究極のTKGが作れる!?人気のクッキングトイ5選!

最近は、料理やお菓子づくりを楽しむためのおもちゃ「クッキングトイ」が非常に人気があり、その種類はどんどん増えております。

今回は人気のクッキングトイ5選をご紹介します。

スポンサーリンク

究極のTKG(たまごかけごはん)

いまどきは卵かけ御飯のことは「TKG」とかっこ良く呼ばれているようです。そんなTKGを極上の仕上がりにしてくれるのが、このマシンです。殻付きの生卵をそのままセットし、食べられる究極の状態まで仕上げてくれます。

  1. まず、生卵をエッグホルダーにセットし、上部の突起部分を押して殻を割り、ホルダーボタンを押すと卵が割れます。
  2. 卵は下の透明部分に落下すると、自動的に黄身と白身を分離します。
  3. 白身については、ホイップスイッチを押すと撹拌され、ふわふわな状態になります。
  4. これをご飯にのせれば究極のTKGの完成です。

普通に卵かけご飯をつくると、白身の透明部分がうまく混ざらず、そこだけ単独で食べる羽目になることがよくありますね。はじめに白身だけを撹拌することで、白身をふわふわ状態にしておいしいTKGになるということのようです。このTKGはクッキングトイがなくてもできそうですが、白身と黄身を分離して、白身をかき混ぜてなんて作業はめんどくさくてできないですね。それを一瞬でやってくれるおもちゃのようです。

発売日は2017年10月26日発売ですが、TVなどで紹介されているので既に大人気のようです。


究極のTKG (たまごかけごはん)

おかしなかき氷 井村屋 あずきバー

井村屋のあずきバーはロングセラーアイスの一つですが、このクッキングトイではそのアイスバーをかき氷にして食べよう!というマシンなのです。たしかに、あずきバーは結構硬いアイスなので、かき氷にしてふわふわで食べるのも美味しそうですね。

使い方は簡単で、基本的にはかき氷器と同じ原理ですが、あずきバーに特化しております。

  1. あずきバーを立ててマシンにセットします。
  2. ぬけるんバーを使って、棒を抜きます。
  3. ハンドルを回して、削ってあずきバーかき氷の完成です。

ビッグストリーム そうめんスライダー

流しそうめんといえば、竹を割って外で楽しむものでしたが、いまどきはテーブルの上でもできる時代になりました。

ビックストリームそうめんスライダーは流しそうめんマシンで、スライダーのコースをそうめんが流れていきます、途中にバケツやゲートなどもあり楽しめるようになっています。水は循環式なので水道の近くである必要もありません。

流しそうめんは子供の憧れなので、とても喜ぶこと間違いなしだと思います。

東京サマーランドがコースは監修しているとのことです。エクストラジャンボというさらに大きいコースの商品も販売されています。

ギョ! ギョッ! とにぎるよ! ! さかなクンとおうちで回転寿し

こちらは子供も大好き回転寿司が自宅で楽しめるセットです。

船型の動力車1台、お皿がのる台車4台が付いており、その台車にお寿司を乗せ、プラレールのような線路の上を走らせることで、回転寿司のようにお寿司が回るといった感じです。

シャリを一度に6個握れるトレーも付いているので、お寿司作りも簡単です。

お安い回転寿司でもお店に行けば結構な出費にないなりますので、節約にも最適です。しかも、こちらの方が子供たちは喜ぶでしょう。

わたあめメーカー EA-WA2805

これは名前のとおりわたあめをつくるマシンです。

綿あめといえばお祭りの定番ですが、これが自宅でいつでも作って食べられるという夢の機会です。

普通のザラメを入れれば白いわたあめができますが、色付きのザラメも販売されており、それを使うカラフルなわたあめも作れちゃいます。

値段も3000円ちょっとなので、ホームパーティーなどでこのわたあめマーカーがあれば盛り上がりますね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク