英会話は幼児期から習わせたい!!~子供に英会話を習わせたい理由とオススメ英会話教室はバルーンキッズ~

英会話は幼児期から習わせた方が、英語がしゃべれるようになるとか聞き取れるようになるとかいいますよね。今回は子供に英会話を習わせたい理由とオススメ英会話教室について記事にしました。

スポンサーリンク

ママの英語力はゼロ!?

中学、高校、専門学校と一応人並みの成績で英語をこなして来た私だが、今となっては全く英語が話せない…悔しい程に英語が分からない。

過ぎ去りし日々の私。

10数年前の就職したての頃、何か習い事をと思い始めたのが、ネィティブの外国人先生による1対1のプライベートレッスン。英会話を頑張ろうという意気込みまではよかったのだが、いざレッスンを受けると会話が全く続かない。先生が何を言っているかも分からない。予習をして行ったところで、会話は予習通りには進んで行かず。予習の成果も発揮できるのは10秒もつかもたないかといったところ。ワークをやって、間違えたところの解説をしてもらっても英語で担任のネィティブの先生が話すので、何を話しているか分からない。挙句の果てには、英和&和辞典入りの電子辞書を見せながら、コミュニケーションを図る始末。大手ではない地元に密着したような英会話教室であったが、確か、月に2回で一万円位の月謝だったような…これでは何の意味もないと思い、数ヶ月で辞めた。

唯一?!のその英会話教室での思い出

先生にHow are you?と聞かれ、I’m hungry.と答えたら、クッキーを持って来てくれたこと。このエピソードに関してはとても嬉しかったので、今でもよく覚えている。でもプライベートレッスンなのに、このレベルの私って、いったい?!中学、高校で何をしてきたのか??話せる人はどんな勉強をしてきたのだろうか?と疑問が募るばかり。20歳を過ぎて、この英語力とは呆れたものだ。

当時も子供対象のクラスは何だか楽しそうだった。

キッズの教室に通ってる子は本当に楽しそうに過ごしている。勉強してるというより、みんなで英語で遊んでる感じ。私も小さい頃から、英会話習いたかったなぁ…。

習う意味と価値を信じて…

英語ならではの発音と英語の聞き取りだけは、大きくなってからでは難しい。努力にも限界がある。ピアノの音感と同じように子供の時しか身に付けられないと思う。だからこそ、幼児期から英会話を習うことには意味があり、価値もあるばず。きっと…

やっぱり英語って、大事!!

英語はこれから絶対大事だし、絶対に必要!!なりたい職業に就くためにも避けては通れないし、出来るに越したことはない。英会話は必要だと思う。

これからの時代「英語ができなくて…ははは。」で済ませていいのか!?

英語が話せるとかっこいいし、話せないでは恥ずかしい。これは、今の私が自分に対して思うこと。仕事で時々、外国の人と接することがあるけれど、私はいつも近くにいる人に通訳してもらっており、快く誰かしらが通訳してくれるから英語が話せなくても困らないが、簡単な日常会話位自分で進めてみたいものである。今となっては何から勉強をしたら会話が続くようになるのか全く分からないし、それ以前に聞き取れない!!外国の子供たちが小さい頃から親しむというマザーグースの歌詞さえ聞き取れず。これは致命的だ!!

やるなら幼児から英会話

私が理想とする幼児期の英会話の目標

◎英語は楽しいこと。英語を勉強すると色々な国の英語を話すお友達とも仲良くなれて、お友達も増えるということを伝える。

◎日本人による英語教室ではなく、ネイティブの先生による英会話教室であることが大事。聞き取る能力を幼児期に身に付けさせたいから、日本人の先生では意味がない。

◎物を実際に見たり、その場の状況にあったフレーズや単語を赤ちゃんが日本語を覚えていくようにフィーリングで覚えていくことを大事にしていく必要がある。

子供の英会話教室の魅力

◎素直に先生のまねをする。発音のまねっこは完璧。

◎4歳~6歳児は間違えることを恐れない。羨ましいくらいに…積極的。

◎ロールプレイをやる際、羞恥心がない様子。ごっこ遊びの延長のような感じで取り組んでいる。

◎授業というより英語の先生と一緒に遊ぶ時間。遊びの延長と捉えているような印象。

◎アルファベットが見ながらだが上手に書けるようになった。

◎数字が20まで数えられるようになった

◎フォニックスをじっくり学べるのがよい

◎テストがないので、楽しく自然に学べるのがよい

◎グループレッスンは大事。仲間の英語も聞けて、英語の知識が自然に増えるのがグループレッスンの魅力である。英語入門者程、グループレッスンがオススメ。

幼児クラスは年長さんがほとんど。

幼児クラスは年中さんの3学期に始める方が多いようです。年少さんは親が習わせたいと思っても子供さんの方がママと離れられずに習えないというケースが多々あるように見受けられました。

我が子の成果…

ネィティブの子のようには、まだ話せないものの英語大好き。先生も大好き。これが一番大事!

日本では英語の学びを実際に活かす場面は私生活においてほぼないが、レッスン中はNo Japaneseで子供もそのルールは子供なりに理解してる様子。5W1Hとか私は文法を覚えられずに苦労したが、英会話教室では幼児クラスなのに会話の中でバンバン使われてる。その質問を聞いて、子供もちゃんと返事してる。すごい!!贅沢な英語学習だなぁ。

家庭での学習と実践が結びついたのは英会話教室でした。

こどもチャレンジイングリッシュを開講号から3年ほどとっていたが、年中さんの冬から英会話教室に行くようになり、チャレンジイングリッシュで学んだことが、子供なりに結びついた印象が…

いつか、プラスになりますように…

パパもママも英語が喋れない上、日本に住んでいながらの英会話教室だから、どの程度の英語力が身につくかわからないが、幼児期からの英会話が何かしらの形でちょっとでも将来にプラスになってくれるといいなぁ…と願い、通っています^_^

バルーンキッズがオススメ

英会話の楽しさを沢山教えてくれます。ネィティブの先生の授業なのに、値段が他の教室と比べて良心的。先生も明るく元気で一人一人のことを気にかけながら授業を進めてくれるのも嬉しいです。元気で楽しい先生ばかりです。

テキストも1冊のみを繰り返し使い、宿題やテストなどがないのも魅力の一つです。

読み聞かせにオススメの英語絵本

子供に人気のはらぺこあおむしの絵本。我が子達も大好きで毎日のように日本語版の絵本を3歳頃から読んで来ました。曜日や数の概念も楽しく学べて、人気なだけあると感心していた私。だったら、今度は英語版のThe Very Hungry Caterpillar を読み聞かせてみようと思いトライ中です。親も勉強になる!!毎日、読んでいると分かるようになってくる気がするから不思議。はらぺこあおむしの英語版から私も色々学びました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする